マレー神社でのんびり。

りえきちが神社に行きたいと熱望するので、
久しぶりにお出かけ。
一緒に行くのは、しろあん(久しぶり!)とシェイク。

地元の神社なので、場所は内緒。

じぃは登りたくなさそうじゃ。しろあんは登るぞ。 いまいちわかりにくいですが、
石段の一番下です。

こちらの神社、非常に面積は狭いですが、
縦長なので、
石段だけは、立派。
シェイク、怖がらないで祈るのじゃ。 これからの安全を願い、
入り口にあったお地蔵様に祈る。

しろあんが、
お願いの仕方をシェイクに教えています。

ちょっと罰当たりですが、神様にお賽銭も入れて、ご協力をお願いしました。

誰か住んでるのかの? しろあんが燈籠に興味を持った模様。

「なんじゃろうね、これは」

中をのぞいています。
逆から見てみると・・・
後光がピカー。 なんか神々しいですw。

外は良い天気なので、
良い感じです。

さて、また階段です。

飽きたー! あとちょっとで、到着できそうです。
本殿がきれいに見えます。

なんか疲れてきたふたり。
うんしょうんしょ。 もう下を見て、歩いています。
長いです。

二人は必死。

さて到着です。小さな本殿ですが、なかなかきれいです。
ん?なにかありますよ。

捨てマレ? 遠くのお賽銭箱の前に、
捨て猫?
うふふふふふふふふ いや、うちのマレーちゃんです。

二人は、なんでこんなところでだれているのでしょう。
ちょっと近づいてみましょう。
なんじゃ? なんだか、本当に疲れてしまったみたい。
でも、石段を登ったので、
スッキリです。

それにしてもベージュは黄色いですね。
ぬぼーっとしてます。

どうせだから、きちんとお参りしましょう。

内心ビクビク。 オキツネさまと。

マレーちゃんたちは、神様と一緒で楽しいみたいです。
「神様〜、願いをかなえてくれろ〜。」

裏はもう住宅地。
ご縁がありますように、マレーちゃんと。 お賽銭。

二人で仲良くお参りです。

パンパン!

さて帰りましょう。

これを降りるのか・・・。 さて、今度は下りです。

シェイク、歩く気なしw。

しろあんの背中がちょっぴりお父さんのようです。
連れて帰れ。 結局、籠の中へ。
我々に持たせて楽をしようという魂胆です。

でも、お疲れ様。
神社はこれでおしまいです。