北海道出張編(余市)

とくじぃは、会社の出張で北海道に行きました。
時間が余ったので、余市のニッカ工場と、北海道大学を見てきました。
会社の人と一緒で、ばれないように撮影したため、
携帯写真です。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

小さかったり、解像度が低かったりで見にくいですが、よろしくお願いします。
今回一緒に行ったのは、おむすびです。

ニッカは日本果実の略。 ニッカウィスキー工場です。

予約しなくても入場できます。
ガイドさんつきの場合は、ガイドさんの時間まで待ってなければなりません。

北海道以外にも工場があるようです。
似てる? 有名なニッカのマークのついている樽の前でカシャリ。

いろんな人がココで記念撮影します。
大きいよね〜 スーツ姿のサラリーマン(出張姿)が、
いそいそとマレーちゃんを樽の上に置き、
カシャリ。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

大きい樽ですね。

では、案内のガイドさんと一緒に移動です。
ニッカの余市工場は非常に伝統があるそうです。
ちなみに余市は、札幌から1時間くらいです。

tunって、なーに? ウィスキーは、発行して作るんですね!

なんだか理科室というか科学しつみたいでした。
ガイドさんたちが中に入った隙にカシャリ。
暗い・・・。 ここは、重要文化財になって、
来年からは入れないという樽の蔵。

ニッカは樽も自前で、
ウィスキーは10年以上経たないと、
売りに出さないそうです。

おむすびは少し酔っ払いました。
ロボット! 蒸留するやつのレプリカ。

蒸留したり、発酵させたりすると、
量が半分以下になっちゃうそうです。

おむすび、小さいね。
落ちる〜 樽の空いたものの上でカシャリ。
ぼくは日本人だもんね〜 もともと、
ウィスキーは海外のものですので、
その地図。

その初の国産がニッカなのですね!
ブレンダーブラックと呼ぶが良いぞ。 試飲会場にあった、ポスターw。

燃えよ、ブレンダー。

コレだけ見ると、訳がわかりませんね。
でも、うれしそう。
ふむ!これがウィスキーじゃ! 実際の商品の展示。

今は、親会社は、アサヒビールなんですよね。

人が少なかったので、
おむすび活躍できてますw。
ふむふむ、これが飲み放題というやつか 試飲会場での一コマ。

飲み放題ですが、40度近くあるお酒です。
すぐに酔います。

でも置いてあった梅酒は美味しかった・・・。

σ゚д゚)ボーノ!
酒が似合うマレーになるのです。鮭じゃないよ。 試飲会場その2。

作りたてのウィスキーを試飲できます。
なんと65度!
胸が熱くなりますw。

チーズは50円w。
他のお酒も有料で飲むことが出来ます。

感じの良いバー風です。

こんな感じです。
では、時間が迫ってきたので、札幌に移動します。

わしの機関車。 小樽駅で機関車とカシャリ。

この207号は、ダンボール製。

ここで、観光に来ていた女子高生に笑われました。

くすん。
背後霊? 札幌駅にある、
時計台というラーメン屋さんの前でカシャリ。

夕ご飯2件目で、
ちょっと休憩中にとりました。

おむすびもおなかイッパイだそうです。
よくある風景。 では、明日も頑張りましょう・・・。

おやすみなさい。

しかし・・・、

ここで事件が!!

とくじぃが、夕飯に食べた生牡蠣にあたってしまったのです!!

ぷるぷる・・・、とくじぃ大丈夫??(遠くから) トイレで苦しむ私を、
遠くから安全な場所で見守るおむすび。

たしかにそこなら汚れないね。

くすん。
ほれ。 あっ、おむすびがフロントから
薬をもらってきてくれました。

(*゚Д゚)つθ

なんと優しい・・・・、


でも、サクロンは食あたりの薬じゃないよ(泣)、
ちょっと酷い目にこの後なりました。

さて、翌日、フラフラになりながらも気を取り直して、
北海道大学を見学に。
写真はおまけ程度の2枚です。とにかく広かったw。

わしの学び家じゃ。 どこかの校舎にて。

写真撮ろうとしたら、
前の車が右にどいてくれました。

優しい。
あたまからドーーーーン! 有名なポプラ並木。

でも、自重に耐え切れなくて、
倒れる危険性があるらしく、奥まで見れません。

入口あたりで我慢しました。

ちなみに、今は、平成ポプラ並木なるものも
あるみたいです。

いや〜、北海道は寒かったですw。
では、今回は、この辺で。